©2018 by 菊田ヴァイオリン工房. Proudly created with Wix.com

via Alfeno Varo 7
26100 Cremona Italy

​菊田ヴァイオリン工房



菊田 浩です、こんにちは。

クレモナで弦楽器を製作しております。
ご来訪いただき、ありがとうございます。


日々の活動は、主にブログにてご紹介しています。

↓併せてご覧いただければ幸いです↓

 

菊田 浩のプロフィール

ヴァイオリン製作と出会ってから、製作家として独立するまでをご紹介します。

 

ヴァイオリンと出会うまで

1961年   名古屋市に生まれる。

子供の頃から物作りに興味を持ち、模型製作などに熱中する。

​10歳の頃にギターを始めて、音楽活動に没頭するが、なぜか、ヴァイオリンは遠い存在と思い込み、意図的に避ける日々が続いた。

1980年からNHKに20年間勤務、クラシック音楽のミクサーとして コンサートホールでのオーケストラ録音などを担当し、銘器と呼ばれる楽器に数多く出会い、その音色に魅せられる。


ヴァイオリン製作を開始

1996年 ウィーンの骨董市で偶然見つけた古いヴァイオリンを手に取ったことが、人生初めてのヴァイオリン経験となる。

思わず購入して眺めているうちに、ヴァイオリンの魅力に目覚め、製作を学ぶことを決意。仕事をしながらのヴァイオリン製作を開始。

その頃クレモナから帰国したばかりだった岩井孝夫氏との親交を深め、岩井氏が手がけたヴァイオリン製作ビデオを主なテキストとして、クレモナの製作スタイルの勉強を始める。


1999年  クレモナ派の製作スタイルを追求する中で、ニコラ・ラザーリ氏のヴァイオリンに出会い、その美しさに大きく影響を受ける。ラザーリ氏に師事したいという思いを断ち切れず、クレモナへの留学を決意する。

クレモナの製作学校に留学

2001年  20年間勤務したNHKを退職し、クレモナの国立弦楽器製作学校の3年生に編入。巨匠ジオ・バッタ・モラッシー氏の直弟子、ロレンツォ・マルキ氏に師事。

卒業までの3年間で、マルキ氏から道具の使い方の基礎からイタリア式ヴァイオリン製作の真髄までを、厳しい指導で叩き込まれる。


2004年  同校を首席で卒業。同時にフェラローニ財団より最優秀卒業生として表彰され、奨学金を授与される。

ラザーリ工房での修行と、独立

在学中からニコラ・ラザーリ氏の工房に通い勉強していたが、卒業と同時に弟子入りし、プロの製作家としての修行を積む。

日本では学びきれなかった、クレモナ的なヴァイオリンのスタイル、優美さと温かみを持ちながら、精密さを兼ね備えた楽器を目指し、ラザーリ氏の下で精進を重ねる。

独立後、クレモナ市内に高橋明氏と共同で工房を開設。

【現在】
イタリア弦楽器製作家協会(ALI):プロフェッショナル会員
関西弦楽器製作者協会(KSIMA):会員

日本バイオリン製作研究会(VSJ):会員

製作コンクールへの参加

2005年  第1回 ルビー国際ヴァイオリン製作コンクール(チェコ)にて 第4位入賞。


2006年  第1回 VIOLINO ARVENZIS国際ヴァイオリン製作コンクール(スロバキア)にて 第5位入賞。​

2006年、第11回 ヴィエニアフスキー国際ヴァイオリン製作コンクール(ポーランド)にて 優勝と同時に最優秀音響賞受賞。 

2007年  第13回 チャイコフスキーコンクール・ヴァイオリン製作部門(モスクワ)にて 第1位ゴールドメダル受賞。


2012年  第13回トリエンナーレ国際弦楽器製作コンクール(クレモナ)にて ヴィオラ部門 第5位入賞。

2013年  第5回 VIOLINO ARVENZIS 国際ヴァイオリン製作コンクール(スロバキア)にて 第3位ブロンズメダル受賞。同時に最優秀技術賞とALI賞を受賞。

菊田ヴァイオリンの紹介

菊田ヴァイオリンの特長をご説明いたします

 

スタイル

クレモナの巨匠、ジオ・バッタ・モラッシー氏の直弟子の二人、ロレンツォ・マルキ氏とニコラ・ラザーリ氏から伝統的クレモナスタイルを勉強しました。


力強さと柔らかさ、精密さと優雅さの絶妙なバランスがテーマです。

​​現在は、主にアントニオ・ストラディバリのモデルにて製作しております。

ニス

マエストロ・ラザーリのスタイル、滑らかな光沢と味わい深さを目指しています。
時間をかけて、丁寧に仕上げています。

サウンド

新しい楽器にオールドの響きを求めるのではなく、新作らしい、明るくフレッシュな音色を追求しています。


最大限の音量と反応の良さを持ち、そして柔らかい表現もできる楽器を目指しています。

新しく誕生した楽器が、年月とともに深い響きに成長していく過程を、ご一緒に過ごしていただければ嬉しいです。

​御試奏できます

現在、宮地楽器小金井店にて、2011年製のヴァイオリンと、2018年製のビオラが見本品として展示されており、ご自由に試奏いただけます。

​宮地楽器さんのHPにて、私の経歴も併せてご紹介いただいておりますので、ぜひご覧ください。

https://strings.miyajimusic.jp/item/HiroshiKikuta/

おかげさまで、多くの製作依頼をいただき、現在、ご注文から完成まで、数年間のお時間をいただいております。

楽器製作に関する詳細は、宮地楽器さんにお問い合わせいただくか、私宛にメールをお送りいただければ幸いです。

kikuviolino@gmail.com

モデルや材料のご希望、ニスの色合い、部品の選定、ネックの握り心地、音色のご要望についても、完成まで詳しくご相談させていただきながら、可能な限りご要望にお応えできるように製作いたします。

菊田浩が製作した楽器

今までに製作した楽器の中から抜粋して、写真でご紹介します

​​ボタンをクリックすると別画面で写真をご覧いただけます

​​楽器によっては、試奏動画もご覧いただけます

 

2006年製作 アントニオ・ストラディバリ 1705年モデル

第11回 ヴィエニアフスキー国際ヴァイオリン製作コンクール 「優勝」 「最優秀音響賞」

2007年製作 アントニオ・ストラディバリ 1705年モデル

第13回 チャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン製作部門 「第1位ゴールドメダル」

2007年製作 ガルネリ・デル・ジェズ 「カノン砲」モデル

カノン砲として2台目の製作 大柄なボディで迫力のあるサウンド

2010年製作 ガルネリ・デル・ジェズ 「1742年 イザイ」モデル

作曲家、ヴァイオリニストのイザイが生涯愛用した名器がモデル カノン砲よりも小ぶりで繊細な音色

2011年製作 アントニオ・ストラディバリ 1705年モデル

第5回 Violino Arventis 国際ヴァイオリン製作コンクール 「第3位」 「最優秀技術賞」
宮地楽器小金井店さんの展示見本楽器です

2012年製作 ビオラ 41.5センチ アントニオ・ストラディバリモデル

第13回 クレモナ・トリエンナーレ国際弦楽器製作コンクール ファイナリスト 「第5位」

2014年製作 ニコロ・アマティ 1666年モデル

ストラディバリより少し小柄なボディ 張りのある澄んだ音色が特徴

2017年製作 ビオラ 41センチ アントニオ・ストラディバリモデル

定番のサイズの41センチビオラ 横板の幅を狭くして、女性でも弾きやすくしたモデルです

2018年製作 ガルネリ・デル・ジェズ 1731年フーベルマンモデル

少し小柄ながら、バランスの取れた力強い音色が特徴のモデルです

2018年製作 アントニオ・ストラディバリ 1705年モデル

菊田ヴァイオリンの定番となった1705年のストラドモデル 安定した音色が魅力です

2018年製作 アントニオ・ストラディバリ 1705年モデル

第15回トリエンナーレ国際弦楽器コンクールに出品 菊田ヴァイオリンの集大成のようなモデルです

試奏ビデオ

主に製作しておりますモデル(ストラド・ガルネリ・アマティ)の試奏ビデオと、

過去のイベントにて弾き比べをしていただいた時のビデオをご紹介します。

​今までの試奏ビデオは、↓youtubeの再生リストからもご覧いただけます。

 

ストラディバリ・モデル

輪野光星氏による試奏 2018/4

ガルネリ・モデル

輪野光星氏による試奏 2018/4

アマティ・モデル

輪野光星氏による試奏 2016/4

菊田浩製作 
3台のヴァイオリンの音色比較

2014年11月29日 
菊田浩 製作楽器による演奏会より
ヴァイオリン: 西村壮

菊田浩製作 
3台のヴァイオリンの音色比較

2014年5月11日 
高畠華宵大正ロマン館 「華宵ホール」 にて
「菊田浩 製作楽器による演奏会」 より
ヴァイオリン: 西村壮

菊田浩製作
4台のヴァイオリンの音色比較

2015年11月24日  
愛媛県医師会館 5Fホール
菊田浩製作楽器による演奏会 より
ヴァイオリン:野澤健太郎  
司会:山本岳志  楽器説明:菊田浩

​ヴァイオリン製作ギャラリー

ヴァイオリンの製作工程を、写真とビデオでご紹介します

 

​製作工程の写真

ボタンをクリックすると、製作工程の写真を別画面でご覧いただけます。

製作工程のビデオ

ボタンをクリックすると、youtubeの再生リストで製作工程のビデオをご覧いただけます。

ホワイトヴァイオリン

ニス塗り直前のヴァイオリンを、写真とビデオでご紹介します

 

ホワイトヴァイオリンの写真

ボタンをクリックすると、ホワイトヴァイオリンの写真ギャラリーを別画面でご覧いただけます。

ホワイトヴァイオリンの紹介ビデオ

ボタンをクリックすると、youtubeでホワイトヴァイオリンのビデオをご覧いただけます。

ご連絡はこちらへ

ご来訪いただき、ありがとうございました。

楽器製作についてなど、メールにてお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

kikuviolino@gmail.com   

現在、宮地楽器小金井店にて、2011年製のヴァイオリンと、2018年製のビオラが見本品として展示されております。

​宮地楽器さんのHPにて、私のプロフィールと併せてご紹介いただいております。

​ご自由に試奏できますので、ぜひ一度お試しください。

https://strings.miyajimusic.jp/item/HiroshiKikuta/

お問い合わせをいただきましたメールには、必ず返信をしております。
返信が無い場合は、スパムの設定などをご確認いただきました上で、再度送信いただければ幸いです。

(お手数ですが、こちらのアドレスも試していただければ幸いです violino45@hotmail.com)